​Bread & Puppet

ブレッド&パペットシアターは、ニューヨークから遠く離れたヴァーモント州の農場を拠点に、 野外パジェント、キャバレー、パペットやトイ・シアターなど昔から民衆に親しまれている手法を使いつつ、 かつ娯楽と政治性を融合させることに成功している集団の一つで野外で繰り広げる大規模な人形劇だ。 2010年、ヴァーモント州のART HOPというアートフェスティバルに参加した時に初めてであった。 それらは、紙で出来ているにも関わらず、表面の質感は人を超えた人ならざる者を思わせた。 それから、数年の夏の間一緒に暮らしながら彼らの日常とパペットの撮影を続けました。 ブレッド・アンド・パペットはシルク・ドゥ・ソレイユの創始者の一人が、活動を開始するにあたって彼らの本拠地をおとずれ、 それから影響を受けていたり、 スローライフの実践者として有名なアメリカを代表する絵本作家・園芸家ターシャ・テューダーが住んでいたのがヴァーモント州だ。 主催者 ペーター・シューマンが言っていましす。 私たちはパンと人形劇場です。私たちは、古き良きサワー・ライ麦のパンを多種多様な人形劇と一緒に提供しています。 良いものもあれば良くないものもありますが、すべてに良いものと悪いものがあります。 人形劇の芸術は、女性、男性、子供が同様に確立された秩序とその政治とその結果としての残虐行為への強迫観念を克服するのを助けてくれます。

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom