top of page
overview
Beeri70x91.jpg

アンナ・ハヤトとスラヴァ・ピルスキー

「Existence」(存在)

2024年4月13日(土)~28日(日

イスラエルの写真家、アンナ・ハヤットとスラヴァ・ピルスキーは、スタジオ内外で撮影した大判の白黒ポラロイド写真を使って作品を制作しています。

これらの作品は、トラウマ、自己犠牲、人生の虚弱さを探求しています。 彼らはレンズを通して、戦争とテロの蔓延から生まれた実存的な課題と絡み合うイスラエル社会の諸相を探求します。 人物、風景、植物、オブジェクトなど、すべてが彼らの作品の構図の中にあります。厳密なドキュメンタリー表現から離れて、アーティストたちは現在の出来事に共鳴する比喩的なイメージを構築します。

 

それぞれの作品の背後には、感情的な衝動だけでなく、文化的な物語も存在します。 歌の歌詞、具体的なストーリー、詩など、さまざまな文脈がひとつのイメージに織り込まれ、多層的な意味を持ちます。 それぞれの作品に込められたメッセージは、芸術、日常生活、ニュース、文学など様々なソースから引き出されています。

 

この展覧会では、異なるシリーズからいくつかの作品が展示されていますが、それらはすべてひとつのスタイルとテーマで統一されています。 展覧会のメインシリーズは、ルネッサンスの名画を引用した「My Personal Jesus」です。 このシリーズでは、アーティストは当時の明るく鮮やかで緻密な美学と現代の写真を巧みに融合させています。 偉大な巨匠の人物や物のイメージと彼らのイメージを比較、分析してもらうことで、過去のテーマや思想の文脈の中で提示された作品の本質を認識し、解釈する機会を提供します。

 

 

10月7日のテロ攻撃とその余波を受けて、ハヤットとピルスキーは、より直接的なアプローチで展覧会を補完する新作を発表します。 襲撃されたキブツの荒涼としたカフェや、粉々に砕かれ、不自然なポーズで吊るされた人形などの光景が、この悲劇を雄弁に物語っています。 これらの作品は痛みや悲しみの感情を呼び起こし、見る人の注意を引きつけ、共感や深い思索を促します。

 

素材や技術を試しながら、アーティストたちはあたかも歴史的遺物のような写真を作成します。 風化した紙の折り跡、不均一なエッジ、独特のグレースケールの色調は、時間の影響を伝えることを意図しています。 この視覚効果は見る者の印象を高め、神秘的で興味をそそるものであり、これらの写真が遠い昔、おそらく写真以前の時代に制作されたもの、あるいは私たちがそれらを遠い未来から見ているかのような錯覚を誘います。 作品は現代史の遺物となります。

works
NFT

作品のお問い合わせ

ご提出いただきありがとうございます!

artist profile
アーティストボイス
アンナ・ハヤトとスラヴァ・ピルスキー 2_edited.jpg

 

   私たちは約30年間エルサレムに住んでいましたが、2019年末にイスラエルの中心部に位置する小さな町モディインに引っ越しました。モディインはエルサレムとテルアビブのちょうど中間に位置しています。新型コロナウイルス感染症以前はよく旅行し、イスラエル全土で撮影していましたが、今は主に周辺地域での撮影と自宅スタジオでの作業をしています。私たちには24歳になる娘がおり、彼女は現在、音楽制作を学んでいます。5年前、彼女は兵役の一環としてレイム(Reim)基地のシステム管理者として勤務していましたが、この基地は10月7日にハマスのテロリストに占拠されていました。その日、彼女の何人かの友人や同僚がこの基地やレイム周辺で開催された音楽フェスティバルに参加し亡くなりました。その後、彼女は徴兵命令を待たずに数か月間軍に戻りました。

"戦争が起きていて、爆弾が落ちて銃声が聞こえるのに、なぜあなたたちは国を去らないのか"と誰かが尋ねる時、私たちは、"私達には他に国がない"という「アイン・リ・エレツ」という有名なイスラエルの歌の言葉で答えます。本当にないのです。私たちの子供たち、友人たちがここにいます。そして、石を背中に投げられることを恐れずにただ安心してヘブライ語を話せる国を、私たちはイスラエル以外で知りません。

i
bottom of page