top of page

upcoming event

アンナ・ハヤト & スラヴァ・ピルスキー
Vertical_Yellow.png

アンナ・ハヤト &
スラヴァ・ピルスキー

「Existence」

2024年4月13日~28日
11:00~18:00、月曜定休

イスラエル社会を震撼させた10月7日のテロ攻撃の後、軍事的出来事や世界的な社会反応とともに、国内の状況は根本的に変化した。 人間の存在そのもの、これまでの生き方、考え方が問われました。 この文脈の変化はアーティストの視点に反映され、新たな現実を描く作品を生み出すきっかけとなりました。 今年のプロジェクトに取り組んでいる間、アンナとスラヴァは直接的なつながりを通じて現実を捉えることに重点を置きました。 痛み、恐怖、怒りの強さは非常に強力だったので、芸術家たちは非常に率直な方法で自分自身を表現することを余儀なくされました。 プロジェクトに含まれる写真を見ていると、鑑賞者は無意識のうちに快適ゾーンから離れ、理解と共感のプロセスに引き込まれます。 これは、悪の日常化を防ぐというプロジェクトの最も重要な目標に貢献します。 アーティストたちは、2007 年に製造中止となった旧式のポラロイド フィルムを使用し、自分たちの写真技術に忠実であり続けました。化学薬品により時折シミが残り、将来の画像劣化を示唆し、跡を残します。 作品は初期のアナログ写真に似ていますが、それとは異なります。 このプロジェクトでは、アーティストはライスペーパーに印刷を使用し、多くの場合、象徴的な意味を追加するために画像にテキスト (詩的な引用) を追加しました。

有本健司

Arimoto, 有本健司
bottom of page